• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
小児ぜん息 asthma
    ぜん息発作が起こったとき身体はどうなっているの?
  発作が起こると気管支をとりまいている筋肉が収縮し、気道が狭くなります

ぜん息は、アレルゲンやその他の刺激により、気道に慢性の炎症が起こることによる病気です。そのためぜん息患者さんの気道(気管支)は日常的に非常に敏感になっており、発作が起きやすくなっています。ふつうの人がなんでもないような刺激でも発作が起こるのです。

発作が起こると、気管支をとりまいている筋肉(平滑筋)が収縮し、気道が狭くなります(下図参照)。また、気管支の粘膜が炎症を起こし、腫れてむくみ、分泌物(痰)がたくさんつくられて気道にくっつきます。細くなった気道では呼吸が非常にしづらくなります。

発作は、自然にあるいは治療により回復しますが、時には長引いたりすぐ再発して何日も続く場合があります。


   alt=


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー