• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
小児ぜん息 asthma
    ぜん息の被患率はどれくらい?-経年変化(1994〜2001)-
  ぜん息の被患率はここ数年増加傾向にあり、特に小学生で増えています

ぜん息の被患率はここ数年増加傾向にあります(下図参照)。しかし、ぜん息に限らず、アレルギー性の病気が年々増加傾向にあります。アレルギー性の病気とは、ぜん息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症などさまざまですが、体質的な素因に加えて、外からの要因(アレルゲン)が関与します。

外からの要因には、ダニアレルゲンや花粉、カビなどの古典的なものもありますが、最近では、例えばディーゼルエンジンの排気中に含まれる微粒子が気管支に作用して、ぜん息発作を起こりやすくさせるということがわかってきています。このように、生活環境の変化に応じて、新しい要因が増えてきているのではないかと考えられます。


  ぜん息被患率の経年変化

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー