• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
脳卒中 stroke
    脳卒中(脳出血・脳梗塞)ってどんな病気?その種類と原因は?
  脳卒中とは、突然、意識障害や運動障害を引き起こす発作のことです

脳卒中とは、突然に意識障害や運動障害(手足がしびれたり動かなくなる)を引き起こしたり、言葉が話せなくなったりする発作のことをいいます。以前は中気や中風ともいわれていました。脳卒中は、脳の血管が破れたり詰まることにより脳に血液が供給できなくなって、脳の組織が傷ついてしまう病気です。

脳卒中は、脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が裂ける脳出血、脳の血流が一時的に悪くなって神経症状が出現しますが、すぐに回復する発作である一過性脳虚血発作などに分類されます。


脳梗塞−脳血栓と脳塞栓

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり細くなったりして血液の流れが悪くなり、脳の組織が死んでしまうことです。最近の日本人における脳卒中の約70%は脳梗塞が原因であるといわれています。脳梗塞は、血管のつまり方によって脳血栓、脳塞栓に分けられています。

脳血栓:脳の血管が動脈硬化などによって細くなり、次第に血液の流れが悪くなった結果、血栓(血液の固まり)を形成して血管が詰まってしまうことです。

脳塞栓:心臓内や頚動脈などにできた血栓が、血液の流れに乗って脳へと進み、脳の血管を閉塞させてしまうことです。心臓内にできた血栓は大きくなることが多く、それが脳の太い血管を詰まらせるため急激に重大な症状が出現し、死に至ることもあります。


脳出血−脳内出血とくも膜下出血

脳出血とは、脳内の血管が切れて出血することです。その原因および出血する場所によって脳内出血(単に脳出血と呼ぶこともあります)と、くも膜下出血に分類されます。以前は脳溢血ともいわれていました。

脳内出血:脳の細い血管が高血圧あるいは動脈硬化によってもろくなって切れ、脳の組織の中に直接出血することを脳内出血といいます。出血した血液が固まって、直接脳の細胞を破壊したり、周囲を圧迫してその部分の脳の働きを阻害します。

くも膜下出血:くも膜下出血は、脳の組織の外で、そこをおおっている薄い膜(くも膜)の下にある大きな動脈にできたこぶ(脳動脈瘤)が破れて起こります。こぶができる原因は明らかではありませんが、先天的なものに高血圧や動脈硬化などが加わって発生すると考えられています。


一過性脳虚血発作

手足のしびれや運動障害、言葉の障害などの脳卒中の症状が、24時間以内に消失してしまう発作を一過性脳虚血発作といいます。脳内の血管の中で、小さな血栓が一時的に血管を閉塞させるため症状が出現しますが、何らかの理由で再び血液が流れ出したために症状が回復した状態になります。

一過性脳虚血発作を起こした人の20〜40%が、その後大きな脳卒中の発作を起こすことが報告されています。一過性脳虚血発作を起こしたら、直ちに病院へ行って専門医(脳神経外科あるいは神経内科)の診察を受ける必要があります。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー