• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
   乾燥肌と季節・気象との関係
  空気の乾燥と肌機能の低下が重なる冬は要注意!


●乾燥肌と季節
一般的に、気温の低い冬場は、皮膚の代謝が低下するため、皮脂腺の機能や汗腺の機能が低下し、皮脂膜の形成が悪くなります。それと同時に、細胞間脂質の合成や、天然保湿因子の生成が低下し、保湿作用が弱くなります。
また、冬場では、湿度が低下するため、皮膚からの水分蒸発が増加し、外界からの肌への水分補給が低下します。このように、体内の水分が蒸発しやすい状態で湿度が低い冬場を過ごすと、乾燥肌になりやすくなります。

●乾燥肌と気象
一般的に、気温が低く、湿度が低いほど肌水分は減少し、乾燥肌の症状が現れやすくなる傾向があります。同じ気温であれば湿度が低いほど、また、同じ湿度であれば気温が低いほど症状は悪化しやすくなります。また、一般的に、風が強いほど、肌水分量は減少する傾向があります。

*夏のかくれ乾燥(インナードライ)*
夏は汗や皮脂の分泌が盛んになります。また、日本の夏はとても湿度が高いため、肌の乾燥には気がつきにくいものです。しかし、室内ではエアコンの乾いた空気が肌からどんどん水分を奪っています。屋外で降り注ぐ紫外線も、シミの原因になるだけでなく、肌を乾燥させてしまいます。表面上は脂浮きが気になるために乾燥とは無縁のように思いますが、肌の内側はカラカラに乾いている可能性があり、この状態を「かくれ乾燥(インナードライ)」といいます。

ここ数年、美容情報誌などでよく取り上げられるようになったインナードライ。水分と皮脂のバランスが大きくくずれ、水分が極端に少なく、皮脂が非常に多いのが特徴です。肌表面の脂浮きにより水分不足に気がつきにくく、「かくれ乾燥」とも呼ばれる所以です。脂性肌と勘違いしてしまうことが多く、べたつきを解消しようと皮脂を取り除くケアばかりしているとますます症状が悪化し、肌のバリア機能まで低下してしまうといわれています。
   

▲このページのTOPへ
  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー