• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
ヘルパンギーナ herpangina
    ヘルパンギーナってどんな病気?
  夏季に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎のことです

ヘルパンギーナとは、夏季に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎のことであり、発熱と口腔粘膜に現れる水疱性発疹が特徴です。ヘルパンギーナは、手足口病とともに代表的な夏かぜの一つです。

主にエンテロウイルス、特にA群コクサッキーウイルスの感染により引き起こされます。同じような症状が現れる口腔疾患のヘルペス性疾患と混同しないように、ヘルパンギーナという疾患名が用いられています。

ヘルパンギーナは、平成11年4月1日より施行された「感染症法」では四類感染症(注1)に分類され、国が感染症発生動向調査を行い、その結果に基づいて必要な情報を一般国民や医療関係者に提供・公開していくことによって、発生・拡大を防止すべき感染症に指定されています。このことから、全国約3,000カ所の小児科定点医療機関より毎週、発生の届け出がなされています。

1999年の患者報告数は155,125人、2000年は147,275人、2001年は142,158人でした。


(注1)四類感染症
1999年4月1日より施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」によって、これまで伝染病とされていた疾患が感染症と呼ばれるようになりました。またこの法律により、感染力・感染した場合の重篤性等から危険性が極めて高い感染症から順に一類から四類に区分されています。

四類感染症は、「国民の健康に影響を与えるおそれのあるものとして厚生労働省令で定めるもの」と定義されており、ヘルパンギーナを含む60の病気がこれに該当します。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー