• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
熱中症 heat stroke
    スポーツと熱中症
  気温が低くても安心は禁物!スポーツ時の熱中症に気を付けて!

労働時における熱中症の発生は、以前は鉱山での発生が大半を占めていましたが、現在は建設業での発生が大半を占めています。労働時の熱中症は労働環境の改善等により減少しているとされていますが、スポーツ時の熱中症の発生は増加傾向にあります。

スポーツは大量に熱産生をすることから体温が上昇します。これにより皮膚血管が拡張し、大量に発汗することから生体の水分と塩分が失われ、熱中症が発生しやすい状態になります。したがって、スポーツによる熱中症の発生は気温がそれほど高くならない夏季以外の季節にも発生します。事実、4月や11月に発生した事例も報告されています。

過去10年間における、小学生、中学生、高校生の学校でのスポーツ活動時の熱中症による死亡数を表に示しました。球技スポーツで多く発生していることがわかります。特に野球での発生が多くみられます。わが国では野球の部活動が盛んなことと、練習時間が影響しているのではないかと考えられます。また、ランニング時での発生も多くみられます。これは各種スポーツのトレーニングの手段として広く用いられているためであると考えられます。


  表 学校でのスポーツ時の熱中症による死亡数
   
運動種目 死亡数
野 球 15(9)
サッカー  6(3)
柔道  6(3)
ラグビー  5(1)
剣道  4(0)
陸上  3(2)
登山  3(0)
ランニング 3
その他  14(8)
合計 67(26)





( )内数字
各スポーツ種目でのランニング
実施時に発生した数

青年の場合も少年と同様に球技スポーツでの発生が多いことが報告されています。高年齢者ではゴルフ時の発生が多くなることが報告されています。暑い日にスポーツをする際には熱中症の発生に十分気をつけて行うことが必要です。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー