• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
インフルエンザ influenza
    インフルエンザってどんな病気?
  知ってるようで知らないインフルエンザ

インフルエンザウイルスによる急性気道感染症をインフルエンザといっています。インフルエンザは何種類かあるインフルエンザウイルスによって引き起こされます。このインフルエンザウイルスは咳やくしゃみなどの飛沫によって散布され、それを吸入することによって感染します。インフルエンザウイルスは伝染性が高く、流行が始まると短期間に小児から高齢者まで著しい人数が罹患することになります。

平成11年4月1日より施行された「感染症法」では、インフルエンザは四類感染症(注1)に分類され、年齢や性別の届出が義務づけされています。

インフルエンザウイルスは、直径1万分の1ミリ(100nm)の大きさの多形性のウイルスです。ヒトインフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類があり、大きな流行を起こすウイルスはA型とB型であり、C型は大きな流行を引き起こさないとされています。A型ウイルスによる1918〜1919年のスペインかぜ(A/Hsw1N1)、1957年のアジアかぜ(A/H2N2)、1968〜1969年の香港かぜ(A/H3N2)は、世界的に大流行し、多くの死者を出しました。


(注1)四類感染症
1999年4月1日より施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」によって、これまで伝染病とされていた疾患が感染症と呼ばれるようになりました。またこの法律により、感染力・感染した場合の重篤性等から危険性が極めて高い感染症から順に一類から四類に区分されています。

四類感染症は、「国民の健康に影響を与えるおそれのあるものとして厚生労働省令で定めるもの」と定義されており、インフルエンザを含む60の病気がこれに該当します。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー