• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
インフルエンザ influenza
    インフルエンザ(流行性感冒)とかぜ(普通感冒)の違い
  インフルエンザとかぜは区別して考えなければなりません

「かぜ症候群」とは上気道(鼻、副鼻腔、アデノイド、へんとう、咽頭等)に起こった急性炎症の総称です。インフルエンザ(流行性感冒)もかぜ症候群に含まれますが、私たちが一般的に、微熱がある、鼻汁や咳が出るなどの症状によって「かぜをひいた」と感じる「かぜ」の多くは、かぜ症候群の中の普通感冒にあたります。

このように、インフルエンザ(流行性感冒)も普通感冒もかぜ症候群とひとくくりにすることができますが、その症状には差がみられ、影響の重要性からこれら2つを区別して考える必要があります。

以下に、インフルエンザ(流行性感冒)の疑いがある際の目安として、インフルエンザ(流行性感冒)とかぜ(普通感冒)における症状と特徴を示します。インフルエンザ(流行性感冒)と疑われる場合には、すみやかに医師の診療を受けることが望ましいでしょう。


  表 インフルエンザ(流行性感冒)とかぜ(普通感冒)の症状と特徴
 
  かぜ症候群
インフルエンザ(流行性感冒) かぜ(普通感冒)
症状
  • 突然の高熱(38℃を超える発熱)
  • 上気道炎症状(咳、鼻汁など)
  • 全身倦怠感等の全身症状(頭痛、関節痛、筋肉痛を伴うこともある)
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平成10年法律第114号)による
  • のどの痛み
  • 鼻がむずむずする
  • 水のような鼻汁が出る
  • くしゃみ、咳が出る
  • インフルエンザほどの発熱はない
  • 全身症状はほとんどない
特徴
  • 気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することもある
  • 流行すると、65歳以上の死亡率が普段より高くなる
  • 合併症はまれである
  • 発生は散発性

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー