• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
インフルエンザ influenza
    インフルエンザの年齢別にみた発生数は?
  インフルエンザは学童期における罹患率が最も高い値を示します

インフルエンザの年齢別にみた罹患率と死亡数を下図に示しました。インフルエンザの流行は、学童が集団生活する学校が増幅の場となり、家庭を通して地域社会に広がっていきます。したがって、学童期における罹患率が最も高い値を示します。学童期においては、免疫能の発達が十分でないこと、学校などで集団生活をしていることが影響しています。

年齢が高くなるにしたがって、インフルエンザへの自然感染やワクチン接種により免疫能が亢進するため、インフルエンザへの罹患率は低くなります。しかし高齢者では、インフルエンザの罹患率は低いのですが、死亡率がほかの年齢層に比べて著しく高い値を示します。

この要因として、加齢による免疫抵抗力の低下が考えられます。さらに、インフルエンザの危険因子として慢性の心疾患やぜん息などの呼吸器疾患などの基礎疾患が挙げられますが、高齢者ではこれらの疾患を持っている場合が多いことが影響していると考えられています。


  インフルエンザの罹患率と死亡数

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー