• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
インフルエンザ influenza
    インフルエンザと気象との関係
  インフルエンザウイルスは気温も湿度も低い方が生存に適しています

月別にみたインフルエンザの患者数を下図に示しました。インフルエンザウイルスは気温が低く、湿度も低い方が生存するのに適しています。したがって、冬から春にかけて発生するのが一般的です。特に12月から増え始め、1〜2月にピークを迎え、4月には終息することが多い傾向にあります。

冬には乾燥した冷たい空気のために、のどや鼻の粘膜の抵抗力が低下することや換気の十分でない場所に多数の人が密集することが多く、飛沫感染しやすくなることも冬のインフルエンザの流行に影響しています。


  インフルエンザの月別報告数

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー