• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
心筋梗塞 myocardial infarction
    心筋梗塞ってどんな病気?その原因・症状は?
  心臓に酸素が供給できなくなり、心筋の細胞が死んでしまう状態をいいます

●心筋梗塞とは
心臓は、身体の抹消へ血液を送り出すポンプの働きをしています。この心臓の表面をおおうように走っているのが冠動脈です。冠状動脈ともいいます。冠動脈は、心臓に血液を供給する重要な働きを持った動脈です。この冠動脈の血管壁にコレステロールがたまって動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなってしまいます。このような状態を狭心症といいます。

狭くなった血管に血栓(血液の固まり)ができ、閉塞(血管がつまること)して血液の流れが止まると心臓に酸素を供給できなくなってしまいます。このようにして心臓に酸素が供給できなくなり、心筋の細胞が死んでしまう状態を心筋梗塞症といいます。狭心症を放置すると心筋梗塞症へと移行します。

狭心症と心筋梗塞症は、心臓に供給される酸素が欠乏するということから、虚血性心疾患に分類されます。心筋梗塞症は発症すると多くの人が一日以内に死亡するきわめて致死率の高い病気です。日頃からその症状には十分注意する必要があります。

●心筋梗塞の原因
心筋梗塞を引き起こす直接の原因は、血管に血栓ができて閉塞し、血液の流が止まることですが、その直接的な原因は現在もよくわかっていません。しかし、誘因となるいくつかの危険因子はよく知られています。

血中コレステロールや中性脂肪が高い人などの高脂血症や糖尿病、高血圧、喫煙、肥満等は、狭心症や心筋梗塞症の発症と関連が高いことはよく知られています。さらに、過度の疲労、睡眠不足、激務、過度の精神的ストレスも心筋梗塞発症の要因となっています。

心筋梗塞などの虚血性心疾患は、生活習慣病の一つに挙げられているように、日常生活の不節制が心筋梗塞の発症に大きく関わっています。高脂血症、高血圧などは心筋梗塞の危険因子の一つですが、健康管理上それ自体予防すべき重要な疾患であり、虚血性心疾患のみならず、脳血管疾患など様々な疾患の原因ともなっています。このように、心筋梗塞症の発症には長期間にわたる悪い生活習慣が大きく関与しているといえます。

●狭心症と心筋梗塞の症状
狭心症と心筋梗塞症では、症状の程度や症状の続く時間が異なります。

  • 狭心症の症状
    坂道や階段を歩いた時、急いで歩いた時、精神的ストレスのある時など、胸につまるような痛みや圧迫感を感じます。症状は長くても15分までです。
  • 心筋梗塞症の症状
    安静時、作業時に関係なく突然、前胸部に激しい痛みが起こり、その痛みが15分以上続きます。さらに、冷や汗、吐き気、おう吐、呼吸困難を伴うこともあります。

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー