• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
心筋梗塞 myocardial infarction
    そばにいる人が突然に胸の痛みを訴えたら-119番通報と心肺蘇生法-
  迅速な119番通報と心肺蘇生がカギ!

そばにいる人が突然に胸の痛みを訴えたら、すぐに119番通報して下さい。急性心筋梗塞症で死亡する人の半数以上は、発症から1時間以内に集中しています。119番通報を受けてから救急車が現場に到着するまでの全国の平均時間は5〜6分です。脳が酸素なしで生きていられる時間は、わずか3〜4分間しかありません。したがって、発症後、病院に到着するまでの対応が予後を大きく左右します。

呼吸が停止した場合(呼吸停止数分後には心臓も停止します)、心肺蘇生を早くすればするほど蘇生する可能性が高いことが知られています。心停止から蘇生を始めるまでの時間が1分以内なら97%蘇生の可能性がありますが、5分経過すると25%まで低下してしまいます。その場に居合わせた人が、救急車が到着するまでに心肺蘇生を実施することにより、失われる可能性のある生命を救うことができます。日頃から救急処置として「心肺蘇生法」のやり方を覚えておくことが大切です。

 

<心肺蘇生法の簡単な方法>

  1. 気道の確保
    片方の手のひらを額の上に置き、片方の手の人差し指と中指を下あごの先の骨の部分に置き、あごを持ち上げながら頭を後ろにそらせる。
  2. 人工呼吸
    患者の鼻をつまみ、口対口で800〜1200mlの呼気を吹き込む(×2回)
  3. 心臓マッサージ
    1分間に80〜100回のリズムで、胸骨を垂直に3.5〜5cm押し下げる(×15回)
これらの動作を救急車が到着するまで繰り返します。

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー