• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
    頭痛にはどんな種類があるの?
  頭痛は原因によって大きく一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます

頭痛にはいろいろな種類がありますが、痛みの原因によって、大きく「一次性頭痛(慢性機能性頭痛)」と「二次性頭痛(症候性頭痛)」の2つに分けられます。

^貅\頭痛
一次性頭痛とは原因がはっきりしないまま、何年にもわたって繰り返し起こる、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」です。頭痛全体の約80%はこのタイプといわれており、代表的なものに「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」があります。これらは症状も原因も異なるので、対策や治療にあたってはどのタイプかを見極めることが大切です。

片頭痛   : 頭の片側または両側がズキンズキンと脈打つような強い痛みが時々起こる
緊張型頭痛 : 頭全体が締め付けられるような重い痛みが時々または毎日起こる
群発頭痛  : 片側の目の奥をえぐられるような激しい痛みが一定期間ほぼ毎日起こる

二次性頭痛
二次性頭痛とは、何らかの病気の症状の一つとして起こる頭痛のことです。かぜや二日酔いなど日常的にみられる頭痛もあれば、脳の病気に伴う頭痛もあります。日常的にみられる頭痛は原因が解消されれば自然に治りますが、くも膜下出血や脳出血など、脳の病気に伴う頭痛は、今まで経験したことのないような痛みが突然あらわれることが多く、生命に危険が及ぶケースもあるので注意が必要です。

*薬物乱用頭痛*
薬物乱用頭痛とは、片頭痛(たまに緊張型頭痛)の人が、頭痛薬を長期間、頻回服用することで引き起こされる頭痛です。頭痛薬を毎週2〜3日以上飲む状態が3ヶ月以上続いている人はかなり危険です。そのまま頭痛薬を飲み続けると悪化する一方ですので、早めに頭痛の専門医を受診しましょう。
薬物乱用頭痛の詳しい解説はこちら


▲このページのTOPへ
  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー