• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
リウマチ rheumatoid arthritis
    症状の経過
  症状の現れ方や経過により、病型は3つに大別されます

下図に示したように、症状のあらわれ方や経過により、病型は、短周期型、多周期型、進行性憎悪型の3つに大別されます。

  1. 短周期型
    治療によって発症後1〜2年以内に改善し、完全寛解(注1)する症例もあります。
  2. 多周期型
    治療しても改善と憎悪を繰り返し、徐々に進行します。大部分の例がこれに属します。
  3. 進行性憎悪型
    治療の効果がみられず、急速に関節破壊が進行する症例をいいます。現在では治療に抗リウマチ剤が用いられており、進行性憎悪型を示す症例は減少しつつあります。

(注1)寛解
治療によって病状の進行をくい止め、関節の腫脹(腫れ)や疼痛(痛み)の訴えを認めなくなった状態をいいます。現在の医療では、慢性関節リウマチは完治することが難しい病気の一つでありますが、完全寛解を目指して治療することになります。


慢性関節リウマチの臨床経過

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー