• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
紫外線 ultraviolet rays
    紫外線の種類
  特徴別に学ぶ紫外線が及ぼす日常生活への影響

紫外線は、A紫外線、B紫外線、C紫外線の3つに分けられます。これらの光線は、地表に届く前に地球を取り囲んでいるオゾン層などに吸収されます。しかし、吸収される割合は種類によって異なります。C紫外線(「殺菌光線」とも呼ばれる)はオゾン層にほとんど吸収されて地表には届きませんが、A紫外線とB紫外線の一部は吸収されずに地表に届きます。

下表に各紫外線の特徴を示しました。 昨今、オゾン量の減少が全地球的に確認されており、地表に到達する紫外線量の増加にともなって、皮膚ガンや白内障の増加、農作物への悪影響などが懸念されています。


  表 A紫外線とB紫外線の特徴
 
紫外線の種類 A紫外線(UVA) B紫外線(UVB)
波長 320〜400nm 290〜320nm
地表への到達度 オゾン層にほとんど吸収されず地表に到達 オゾン層に一部は吸収されるが残りは地表に到達
皮膚への影響
(下図参照)
急激な変化は起こさせないが、皮膚の奥(真皮)まで届き、「シワやたるみ」の原因となる 皮膚の奥までは到達しないが、肌への影響が強く、「シミやソバカス」の原因となる。皮膚ガンの原因にもなるといわれている
日焼けの種類 1次黒化→2次黒化
日に当たったところがすぐに黒くなり(1次黒化)、その後新たにメラニン色素が作られて色素が沈着する(2次黒化)
赤く炎症→2次黒化
日にあたったところが赤くなり、炎症がひいたのち、メラニン色素が作られて色素が沈着する(2次黒化)
日常生活での注意 雲を通過するので雨や曇っている日でも注意。また、ガラスも通過するので屋内にも届く。日常的に注意が必要。 主に屋外でのレジャーやスポーツで注意が必要。ガラスには一部吸収される。
(nm:10億分の1メートル)
  紫外線の皮膚への影響

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー