• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
紫外線 ultraviolet rays
    紫外線を浴びると身体はどうなる?(シミ・シワ)
  なぜ怖い?紫外線のお肌への影響、コラーゲンやエラスチンまで…

紫外線を浴びると、身体の中では具体的にどのようなことが起こるのでしょうか。以前は、紫外線はビタミンDを作り、骨を丈夫にする良い働きがあるといわれていましたが、現在では食べ物から簡単に摂取できます。

紫外線は、浴びることによる悪影響の方が大きいので、ビタミンDを作るためだけに紫外線を浴びるのはよくありません。1998年の母子手帳からも日光浴という言葉がなくなりました。

紫外線の具体的な身体への影響には、以下のようなものがあります。


●シミやソバカスができる

紫外線が肌にあたると、皮膚の中のメラノサイトという細胞がメラニン色素を作ります。メラニン色素は紫外線を吸収して肌を守ろうとします。しかし、何らかの異常が発生して色素を作りすぎるとなかなか消えず、シミやソバカスの原因になります。


●シワができる

シワがないというのは肌に弾力があるということを示しています。肌の弾力にはコラーゲン繊維が関係しているのはご存じの方が多いと思います。その他にもエラスチンという弾力繊維が関係しています。

これらの繊維は肌の奥の真皮にありますが、紫外線があたることによりコラーゲン繊維はブチブチ切られてしまい、エラスチンも変質します。歳をとるとこれらの繊維の修復が追いつかなくなり、繊維が切れたまま取り残されてシワになるといわれています。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー