• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
紫外線 ultraviolet rays
    紫外線の予防対策
  食事からも予防できる!賢い紫外線予防術

日焼けを防いだり、紫外線によって荒れた肌を回復させるには、以下のようなことを心がけましょう。

  • 紫外線の強い時間帯(午前10時〜午後2時)はできるだけ外出をひかえる。
  • 紫外線(特にA紫外線)は窓ガラスを通過するので室内でも注意する。
  • 自分に合った日焼け止めを塗る。
  • 保湿効果のあるローションなどを使用する。
  • 衣類は紫外線をカットする効果の高いもの(厚手で黒っぽい色)を着用し、露出部分を少なくする。
  • 外出するときは帽子(ひさしが大きいものがよい)をかぶる。
  • UVカット処理が施されたサングラス(フレームが大きい方がよい)をかける。
  • 戸外ではできるだけ日陰を利用する。

また、食事による予防対策としては、ビタミン(C、E、B2)やコラーゲンを摂ることが挙げられます。ビタミンCは肌が黒くなる原因であるメラニンの生成を抑え、またできてしまったメラニンを薄くするといわれています。さらに、コラーゲン繊維の修復にも効果があるといわれています。多く含む食品はレモン、イチゴ、オレンジ、カキなどの果実、ホウレンソウ、ピーマン、ブロッコリー、イモ類などがあります。

ビタミンEやB2は、メラニン色素の沈着に関係している過酸化脂質を低下させる働きがあります。ビタミンEは落花生、大豆油、アンコウ、タラコなど、ビタミンB2は乳製品、牛・豚レバー、カツオ、海藻、大豆などに多く含まれています。

コラーゲンは皮膚の真皮を構成する重要な要素であり、減少すると肌にシワができる原因となるので、豚足、手羽、レバー、肉や魚の骨・皮・すじ・腱などのコラーゲンが多く含まれている食品を摂取しましょう。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー