• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス

ウェザーアロマセラピスト

KAZUMAのお天気香るコラム43

市丸

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、気象予報士、健康気象アドバイザー。 現在、気象予報士でアロマセラピストの“お天気アロマセラピスト〈ウェザーアロマセラピスト〉”として活動中。(株)生活の木、他にて、「お天気のイタズラをアロマでケア」講座、「各種アロマテラピー資格取得対策講座」などを開講。


Facebook:市丸 数馬
ブログ:KAZUMAの☆お天気の香り☆
フレームヘッド

『欸冬華・水沢腹堅・鶏始乳』な季節

TOP
“大”きく大きく膨らんだ“寒”のお腹が、はち切れんばかりに悲鳴を上げる、冬の極み。
そんな震えが止まらない無情な冷気の上でも、蕗の薹(ふきのとう)が顔を覗かせる「欸冬華<ふきのはなさく>」の時。色を無くして静かにたたずむ純白の風景に、落とされる温かくて小さな光の粒。
切れ味鋭い沢の水も凍りつかせる「水沢腹堅<きわみずこおりつめる>」時。流れる水の時間さえ止めるその雄叫びは、脇目も振らず沢を駆け上がり、しぶきを上げる滝までをもよじ登りますが、辿り着いた先で出会うのは、小さな春の微笑み。
遠くに揺らめく春の微香に、優しく卵を抱き始める「鶏始乳<にわとりはじめてとやにつく>」時。暗くて重たい夜と、明るく軽やかな朝との隙間で、夜明けを告げる鶏。冷たく閉ざされた冬と、温かく解き放たれる春との隙間で、雪解けを告げる鶏。
緩やかな光が、今、ゆっくりと温もりを運び始めます。

 
ほろ苦いでっぱりが落とす、春への目印 幾重のとんがりが示す、春への矢印 朧「おぼろ」げに、黄色く香る蕗の蕾 夜明けて目覚める、輝く春陽の幸 年明けて開かれる、煌めく初春の福 新風に、黄色く香る福寿草の花 ロマンチックに揺らめく、花煙のいざない いたずらにくすぐる、花夢のささやき 甘美に、黄色く香る蝋梅の花 幻春で揺れる、幸せの黄色い“ハナタチ”
フレームボトム
フレームヘッド

『欸冬華・水沢腹堅・鶏始乳』な季節のアロマテラピー 

TOP
生まれ変わったばかりの真新しい年の上で、甘くちょっぴり艶やかな香りを漂わせる蝋梅(ろうばい)の花。蝋細工ように、しっとりとした淡黄色の小花が際立たせるその香りは、寒さで凍りついた風景だけでなく、凍える私たちの心や身体も一気に解きほぐして、幸せを運びます。
残念ながら、“蝋梅の精油”にはあまりお目にかかりませんが、香りのイメージが似ていると感じる精油があります。
それは、“イランイランの精油”です。イランイランもまた、甘美な香りを放ちながら、しっとりと咲く淡黄色の花です。イランイランの名には、「花の中の花」という意味があるといわれるほど、実に香り高い花なのです。
今回は、そんな幸福を振りまく芳しき花の香りを、存分にお楽しみいただくために、フレグランスオイル<香油>にしてお届けしましょう。

冬が満開の庭に、春を咲かせるフレグランスオイル

[使用材料]
植物油 10ml<ホホバオイル>
精油 2滴以下<イランイラン1滴・ローズウッド1滴>

イランイラン
(^−^)…華やかで濃厚な甘さが寄り添う、フローラルの香り。じっと春を待っている、うつむきがちな心を、ロマンチックで開放的な世界に、トリップさせてくれるような精油。
※好みが分かれる香りであり、高濃度で使用すると頭痛や吐き気をもよおすこともあるので注意。

ローズウッド
(^−^)…バラのエッセンスを微かに振りかけたような、優しく落ち着きのあるウッディ―な香り。長い冬の寒さや乾燥などでささくれた心と身体を、穏やかに労わってくれる精油。

[作成手順]
1 植物油をビーカーに入れて計量する。
2 精油を加え、ガラス棒などでよくかき混ぜる。
3 日付やレシピなどを記入したラベルを貼ったガラス遮光瓶へ移す。
※少量を手首などの狭い範囲に塗って、香りを楽しむ。

[使用上の注意]
基本的に、妊婦・授乳婦・子ども・皮膚炎(敏感肌含む)・高血圧・癲癇・腎臓疾患・肝臓疾患・心臓疾患・アレルギー・喘息・高齢者などの方は、精油の使用には十分な注意が必要である。事前に確認し、場合によっては使用を控えること。
敏感な部分へ塗布する場合、あらかじめ少量で試めすこと。
炎症がある部位には使用しない。
精油原液が肌に付かないように注意すること。(万が一ついた場合は、大量の水で洗い流す。)
異常を感じた時は即使用を中止し、水でよく洗い流す。(必要であれば医師の診察を受ける。)
衣服などへの色や香りの染みつき、汚れには十分注意すること。
高温多湿を避けた冷暗所で保存。使用期限は1ケ月程度。
適宜、換気を行いながら作業する。
アロマテラピーは自己責任の原則で行うこと。

2014.01.20 掲載


フレームボトム
  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー