• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
生きもの歳時記 沖縄の水辺から


満月の夜に〜オカガニ類〜


腹に孵化直前の卵隗を抱え、海辺に現れたオカガニのメス

波打ち際で体を震わせて放仔するメスのオカガニ

 前にこのコーナーでオカヤドカリ類の繁殖を紹介しました。ところで、同じ夏の満月の夜、大きなカニも海岸林から砂浜に現れます。このオカガニ類もオカヤドカリ類と同じく大潮の満潮時にメスが孵化直前の卵を海中に振り放ち幼生が孵ります。
 沖縄では5種のオカガニ類が知られています。普通にみられるのは、オカガニとミナミオカガニです。


ミナミオカガニ、大型のカニで甲羅の幅は10cmに達する

夜間の道路を渡るオカガニは輪禍に巻き込まれることが多い

 オカガニは普段、海岸林の中に巣穴を掘って、主に夜に行動します。強そうなカニですが、臆病で人が近づくと逃げ、むかってくることはありません。しかし、産卵のときは、ひたすら海辺に向かって進み海岸道路を横断します。この時期、交通事故に遭うオカガニは多く、いたるところで轢死しているカニをみかけます。

 オカガニ類が多いところでは犠牲を減らすため、車の利用者に注意を呼びかけています。車両通行止めができない国道等では、国道事務所や地元住民による「カニさんお助け隊」で産卵に出向くカニを保護する活動もあります。また、道路の下をくぐる「カニさんトンネル」で海辺にカニを誘導する試みもあります。オカヤドカリ類とオカガニ類が産卵で海辺へ大移動する光景は、夏の風物詩です。いつまでもみることができるよう環境への配慮が必要です。

■参考文献
・ 西村三郎 編著,1995 原色検索日本海岸動物図鑑[],保育社,663pp.
・ 永井他,1988 沖縄海中生物図鑑 第7巻,新星図書,250pp.

[戻る]

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー