• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
連載エッセイ
健康天気ことわざ

 

 本シリーズでは、気象病や季節病について諺や川柳を通して触れてみたい。

 季節病は言いかえれば気候病である。「気候」とはギリシア語のクリマ(傾き)すなわち「傾向」、天気のクセを意味すると言っても過言ではない。もともと古代中国農業歴の「二十四節気七十二候」の気と候に由来するとも言われ(福井英一郎、1952)、時空間的にやや長く広い範囲にわたる気象現象であり人間との関わりが深い。それは統計的であり風土的なものであり、そのような観点から綴っていきたい。

 

 


目 次

第01回 (10/05/10) 一病を持って天気をよく当てる
第02回 (10/05/24) 雨天でも歩いて薬代浮かす
第03回 (10/06/07) 風邪は万病のもと
第04回 (10/06/21) 転ばぬ先の杖 〜健康天気諺とは
第05回 (10/07/05) 梅雨晴れに紫外線要る人要らぬ人
第06回 (10/07/19) ここかしこ痛み体は梅雨にいる
第07回 (10/08/02) 半夏生以前の青梅を食べると腹痛を起こす
第08回 (10/08/16) 夏風邪は馬鹿がひく
第09回 (10/08/30) 歩く足には泥が付く
第10回 (10/09/13) 梅を望んで渇きを止む
第11回 (10/09/27) 雷をまねて腹掛けやっとさせ
第12回 (10/10/11) 柿が赤くなれば医者は青くなる
第13回 (10/10/25) 夜露は身体の毒
第14回 (10/11/08) りんごの香りがうつ病に効く
第15回 (10/11/22) のどもと過ぎれば熱さ忘れる
第16回 (10/12/06) 頭寒足熱
第17回 (10/12/20) 気象病は西からやってくる
第18回 (11/01/03) 『赤豆粥』と『寒の水は薬』
第19回 (11/01/17) 『あかぎれ大将にひび大将』
第20回 (11/01/31) 節分の豆まき
第21回 (11/02/14) ニンガツノヘバリゴチと春一番
第22回 (11/02/28) 食後の散歩は長寿の秘訣
第23回 (11/03/14) この空をふるさとにして卒業す
第24回 (11/03/28) 心配は猫をも殺す
第25回 (11/04/11) 赤ご飯にお茶かけすると中気になる
第26回 (11/04/25) 燕が早く飛来する年は病気がはやりやすい
第27回 (11/05/09) 麦の穂が出たら浅蜊は食うな
第28回 (11/05/23) 子供が騒ぐと雨
第29回 (11/06/06) 喘息持ちの人は南風が吹くと悪化する
第30回 (11/06/20) 雷が鳴ったら桑の葉を頭に載せる
第31回 (11/07/04) 蚊の多い年は暴風あり
第32回 (11/07/18) おかゆを食べ、高台に住み、せっせと歩け、それが長生きの秘訣
第33回 (11/08/01) ひでりにケカチなし
第34回 (11/08/15) ウラハグサの葉がひっくりかえれば喘息がひどくなる
第35回 (11/08/29) 蟋蟀の8秒間の鳴き声数に4足すと気温
第36回 (11/09/12) ブドウの種を食べると盲腸になる
第37回 (11/09/26) 初物七十五日
第38回 (11/10/10) 大食短命
第39回 (11/10/24) 花は半開酒は微酔
第40回 (11/11/07) シラカバの紅葉で春到来の遅速を予測
第41回 (11/11/21) 頬がほてると雪になる
第42回 (11/12/05) 庭雪時には風邪がはやる
第43回 (11/12/19) 冬至の日にかぼちゃ食べると風邪ひかない
第44回 (12/01/02) 正月の伝統料理にみる健康秘策
第45回 (12/01/16) 「若水」は恵方の井戸からの水
第46回 (12/01/30) 小寒の氷大寒に解く
第47回 (12/02/13) 河豚は食いたし命は惜しし
第48回 (12/02/27) 年齢の数だけ年越し豆を食べると病気をしない
第49回 (12/03/12) 健康十訓
第50回 (12/03/26) 健康と病気に関する天気俚諺 〜まとめに代えて

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く