• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
お天気豆知識
バックナンバー
一杯のコーヒーと冬の筋状雲
 
 冬の寒い日、温かい一杯のコーヒーは心和ませるものがあります。
温かいコーヒーの入ったカップに、冷たいミルクを注ぐとどうなるでしょう。コーヒーの表面に豹の毛皮のような斑模様ができませんか。
コーヒー
(図1)
対流
(図2)
できれば、温められたカップに入れたコーヒーの方がいいかもしれません。ミルクを注ぐときは、カップの縁から静かに注いだ方が効果的です。ミルクが入ると、下からミルクが沸き上がってきて、コーヒーの表面は白いところとそうでないところ、あるいは色の濃いところと薄いところができ、(図1)のようになります。

 コーヒーの表面は空気にさらされているので、表面の温度は下がり、カップの底の方と比べると温度差ができます。
ところで、すべての物質に言えることですが、体積が同じで温度が違うある物質(ここではコーヒーですね)の重さを比べると、温度の低い物の方が重くなります。科学的な用語を使うと、同じ物質では温度が低い物の方は密度が高くなります。入れ物に入った液体の中では密度が高い部分は下に行き、密度が低い部分は上に行きます。このような現象を「対流」と言っています。ところが、カップの中のコーヒーで上と下の密度が違っても一度に上下が入れ替わることができません。(図2)のように上に揚がる(上昇)部分と、下に降りる(下降)部分ができるため、表面に斑模様ができます。コーヒーだけでなく、温かいみそ汁でも味噌粒が上下にグルグル動いているのを見たことでしょう。これも同じ原理で、お椀の中で対流が起きているからです。

 同じことは気象現象でも起こっています。特に夏の晴れた日中は、地面が太陽で温められますから、上空との温度差が広がります。まさにコーヒーカップの中、お椀に入ったみそ汁と同じ状況ですね。このため対流が起き、空気中に含まれる水蒸気も上昇して、綿雲が浮かびます。あるいは、余り厚くない雲に覆われていても、夜になるとその雲の上の面では放射冷却により熱が奪われるので、雲の下の面との間に温度差ができます。同じように上昇する部分と下降する部分ができ、下降する部分では雲が消えてしまい、雲に隙間ができます。

フライパン
(図3)フライパンにサラダ油を入れ、
表面にココア等の粉を浮かせ、
しばらくしてからフライパンを傾けると…
 次は実験です。きれいなフライパンにサラダ油を入れて温めます。油がもったいないし、フライパンを傾けたりするので、深さは2cmぐらいがいいかもしれません。 天ぷらを作るわけではないので、それほど高温にする必要もないでしょう。油が温まったら火を止め、小麦粉、黄粉、ココアの粉など、フライパンの色を考えて選んで何か粉を入れて下さい。油の表面に斑模様が現れてから(図3)のようにフライパンを傾けると・・・、今度はココアの粉が筋状に並びます。フライパンの中のサラダ油は表面が空気にさらされているので、上下で温度差があることがわかります。フライパンを傾けると、サラダ油は動きます、つまり「流れ」がサラダ油の中にできました。底では油とフライパンとの間に摩擦があるため、サラダ油の中では下の方は上の方に比べると流れる早さが遅くなります。このように上に行くほど温度が低く、上に行くほど流れが速い液体の中では、上昇するところと下降するところが線状になるため、粉が筋状に並んだのです。

  空気中でも、上空に行くほど風の強さが増し、上空に行くほど温度が低くなると、(図4)のように空気が上昇する場所と下降する場所が線状に並びます。 
上昇域と下降域
(図4)上昇域と下降域が空気の流れの方向と線状に平行に並び、
上昇域には雲が発生する。
空気が上昇する場所には雲が発生するため、雲は筋状に並びます。
冬型の気圧配置(図6)のときの気象衛星画像(図5)を見て下さい。
気象衛星画像
(図5)冬型の気圧配置の気象衛星画像
2003年1月30日午後3時
天気図
(図6)冬型の気圧配置
2003年1月30日午後3時の天気図
 日本海西部だけでなく、太平洋側でも雲が筋状に並んでいるのがわかります。冬型の気圧配置になると、風は上空に行くほど強くなりますし、大陸からやってくる空気は冷たく乾燥しています。その空気が海上を渡ると下から暖められ、上空との温度差が大きくなります。まさに、フライパンに入れたサラダ油を温めた場合と同じですね。海から水蒸気の補給を受け空気は、線状に並んだ上昇気流域で雲が発生するため、雲が筋状に並びます。水蒸気を多量に含んだ空気が上昇すると、大気の安定度が悪くなり、個々の雲は垂直方向に発達した積乱雲となります。雲の高さは夏の積乱雲のように1万数千mまで発達することはありません。でも積乱雲ですから冬の日本海側では雷が起き、海上の方が多いですが竜巻が発生することもあります。

 実験は、「HANDS-ON METEOROLOGY」(ZBIGNIEW SORBJAN,1997,AMS)を元に書きました。私もフライパンと油を使った実験のことは知っていましたが試してないので、家で行おうとしましたが、家内にあっさり「ダメ!」と言われてしまいました。もし試すときは、くれぐれも火の取り扱いには注意をし、火傷をしたり火災を起こさないようにして下さい。

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー