• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
お天気豆知識
バックナンバー
大気の安定・不安定(その2)
 
 天気予報で、「暖かく湿った空気が入るため、大気が不安定で・・・・」と言っていることがあります。なぜ、暖かく湿った空気が入ると大気が不安定になるのでしょう。空気の塊は何かのきっかけで上昇したとき、空気の塊の中で凝結が起こっているかいないかで、気温の下がり方が違うことを「大気の安定・不安定(1)」でお話しましたが、このことに関係があります。専門的なことになりますが、上昇する空気の塊の中で水滴が発生しない場合を「乾燥空気」と言います(図1左)。一方、水滴が発生している場合を「湿潤空気」と言います(図1右)。上昇中の乾燥空気の気温の下がり方は、湿潤空気の気温の下がり方よりも大きくなります。

(図1)乾燥空気と湿潤空
 まずは基本的なことをおさえておきましょう。(図2)は観測された気温の高さ方向の分布と、上昇する空気塊の気温の変化のようすを表しています。左右の図ともオレンジの線は、ある地点で観測した気温の高さ方向の分布です。左右の図の違いは各高さの気温が同じでも、右の図は地上付近の空気が左よりも湿っていると考えてください。

(図2)空気の温度変化(地上付近の湿度は右の方が高い)
イ:凝結高度 ロ:自由対流高度
湿った空気の方が、凝結高度が低くなり、自由対流高度も低くなる。
 空気塊は何かの力を受けて上昇します。どちらの場合も、空気塊の中で水滴が発生する(凝結が始まる)までは、気温は100mにつき1℃の割合で低下します(図2中、緑色の線)。 凝結が始まると、気温低下は100m毎に約0.6℃の割合で低下します(図2中、青色の線)。凝結が始まる高さを凝結高度(イ)と言います。さらに上昇を続けると、オレンジの線と交わっています。そこを自由対流高度(ロ)と言います。自由対流高度よりも高いところでは、上昇してきた空気塊の方が周囲の空気よりも温度が高くなっています。
 地上付近の湿度が高い空気が上昇したとき(図2右)は、湿度が低い空気が上昇するとき(図2左)よりも、水滴が出来る高度(イ:凝結高度)が低くなります。このため、湿った空気塊が上昇した場合のほうが、観測された周囲の空気と同じ気温になる高度(ロ:自由対流高度)も低くなります。上昇した空気塊が自由対流高度よりも高い所に行くと、周囲の空気よりも温度が高いため、上昇した空気塊が自由対流高度より高いところまで上昇できれば、外から力を加えなくてもその空気塊は上昇していきます。
 自由対流高度よりも高いところで、ある高さの観測された気温と上昇してきた空気塊の気温の差をみると、湿った空気塊の方が温度差が大きいことがわかります。上昇してきた空気塊と周囲の温度差が大きければ大きいほど、上昇する力(上昇気流)が強くなります。
 読んでいて頭が痛くなりませんでしたか?つまり、下層の湿度が高い空気は湿度が低い空気よりも小さな力で持ち上げるだけで、外から力を加えなくても上昇できる高さにたどりつけます。おまけに上昇する力も大きくなっています。このため、天気予報の解説で、「暖かく湿った空気が入るので、大気が不安定で・・・・」と言っているのです。
 下層の空気塊を上昇させる原因は、日射、低気圧や前線、山岳などがあります。このようなところに暖かく湿った空気が流入すると、激しい上昇気流により積乱雲が発生します。そして大粒の雨が降って時間当たりの雨量が多くなります。暖かく湿った気流の流入が長続きすると、積乱雲が次々に発生して強い雨が続き大雨になります。


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー