• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
お天気豆知識
バックナンバー
積雲
 

(写真1)晴れた日の積雲
 晴れて風が穏やかな日、特に夏のこのような日、綿菓子のような雲、綿を千切ったような雲が浮いています(写真1)。これが積雲です。綿雲とも言います。学名は「キュムラス(Cumulus)」と言い、ラテン語の「積み重なる」という意味です。積雲の特徴として雲の頭はムクムクしていますが割りと平らで、雲の底は黒っぽくなっています。1個1個の雲が独立していて、それぞれの雲の底の高さがそろっていて他の雲と区別しやすい雲です。

(図1)積乱雲の発生

 積雲は「晴れた穏やかな日に・・・」と書きましたが、このような日は地面が太陽で熱せられて、地面に近い空気が暖められて膨張し、軽くなり上昇します(図1 法9發い箸海蹐曚謬ぐ気低くなるので、上昇した空気はさらに膨張して温度が下がります(図1◆法ある高度まで上昇すると凝結(水蒸気が水滴になること)が始まって雲粒ができます(図1)。このようにしてできた雲が積雲です(図1ぁ法6気中の水蒸気が凝結する温度は湿度によりますが、地面が熱せられると、あちこちで空気が上昇し、それらの空気の凝結が始まる高さは一定です。このため、たくさんの積雲が浮かんでいても(写真1)のように雲の底の高さがそろっています。

 積雲は日が高くなるに連れてその数が増え、大きくなっていきます。やがて日が西に傾くとそれぞれが小さくなり、その数も減ってやがて消えていきます。しかし、上空に冷たい空気があったり、地面付近の空気の湿度が高いと積雲は上方向に成長し、まるで雲のタワーのようになります。これを“搭状積雲”といい、(写真2)のような雲です。ときに発達して雲の頭がカリフラワーのようになることもあり、このような積雲を雄大積雲(写真3)といいます。これらの雲の下ではシャワーのような雨が降ったり、雷が鳴ったりすることもあります。

(写真2)搭状積雲

(写真3)雄大積雲
 空気が上昇したり下降したりする運動のことを対流といいます。対流は日射により地面が暖められたときだけでなく、上に行くほど風が強いときにも発生します。冬に晴れて風が吹いている日に積雲(写真4)が現れますが、このようにして発生した対流によりできたものです。(写真4)のように1個1個の雲の厚さがなく水平方向に広がっている積雲を“偏平積雲”といいます。風は強い日に現れた積雲も、日が高くなると数を増しそれぞれが大きくなります。日が傾くとそれぞれが小さくなって、その数が少なくなります。
 夏にしろ冬にしろ、雲の頭がムクムクしている積雲は成長を続けます。しかし、何かの加減で上昇気流が弱まると雲の周囲が毛羽立ってきて、その積雲の一生は終わりで消滅に向います。(写真5)の上部に写っている、太陽に照らされて白く輝いている雲は消滅前の積雲です。

(写真4)風が強い日の積雲

(写真5)消えてゆく積雲
 絵を描くときに空に思い浮かべるのは綿のような雲、積雲ではないですか。子供が描く雲は積雲が多いですね。雲は時々刻々その形を変えます。時には動物のように見えたり、食べ物のように見えたりもし、子供の頃、あの雲は何だなどと言いながら遊んだことを思い出します。このような対象になるのも積雲です。例えば(写真6)の雲は亀に似ているかなと思って撮りました。積雲は最もポピュラーな雲といえるでしょう。

(写真6)亀のような雲


  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー