• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
サバ(鯖) 旬:6〜8月(ゴマサバ) 9〜11月(マサバ)

良質なたんぱく質が豊富で、体力のつく消化吸収のよい栄養魚。江戸時代には、大名が七夕の祝いに将軍家に献上したという高級魚でした。脂質のDHAやEPAの含有量は青魚の中でも群を抜いて多く、まさに「青魚の王様」。「サバの生き腐れ」といわれるように鮮度の落ちやすのが欠点で、鮮度が落ちるとアレルギーの原因になるヒスタミンが増えるので注意しましょう。サバといえば通常は真サバをさします。

成分
たんぱく質と脂質が豊富。脂質はEPA、DHA。カルシウム、ビタミンD、ビタミンA、ナイアシン、B2、B12、タウリンも含まれている。

効能
たんぱく質が豊富で良質なので体力が強化される。DHAは記憶力や学習能力を高め、ボケを予防する。EPAは動脈硬化予防に有効。ナイアシンやタウリンがコレステロールを低下させ、ビタミンB2と一緒に口内炎や口角炎を予防する。カルシウムやビタミンDが健康な皮膚や爪、歯の発達に有効。

効果的な調理ポイント
▽寄生虫がいることがあるので、加熱するか、酢で〆るとよい。
▽臭みを取るにはたっぷりの塩をつかうとよい。
▽冷凍する時は味噌煮にしてから冷凍すると、うま味を逃がさない。
▽血合いの部分には多くの栄養素が集中しているので、無駄なく食べるとよい。

レシピ
なすとオクラのサバカレー
きゅうりのサバ蒸し