• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
シジミ 旬:7〜8月(土用シジミ) 12〜3月(寒シジミ)

シジミは大別すると真シジミ、瀬田シジミ、大和シジミに分けられます。真シジミと瀬田シジミは冬が旬で「寒シジミ」と呼ばれ、夏が旬の大和シジミは「土用シジミ」と呼ばれています。「土用シジミは腹薬」と言われるように夏のシジミは胃腸を整え、夏バテに防止に用いられていました。「しじみよー、しじみよー」との掛け声のシジミ売りは江戸の町の風物詩でもありました。

成分
カルシウム、鉄、ビタミンB2、B12が豊富に含まれている。必須アミノ酸の一種であるメチオニン、タウリンも含まれている。肉にはアラニン、コハク酸が含まれ、独特のうま味と香味がある。

効能
豊富なカルシウムが骨や歯を強化。メチオニンが肝臓の働きを助け、タウリンが胆汁の排泄を促して肝臓の解毒作用を活発にする。それに肝機能を高めるビタミンB12の働きがプラスされ、肝臓病に優れた効果がある。鉄分は赤血球を形成・再生し、ビタミンB2、B12と一緒に貧血予防に効果がある。

効果的な調理ポイント
▽味噌と合わせると肝臓機能が高められるので、みそ汁にするとよい。
▽加熱しすぎると風味が失われるので、口が開いたらすぐに火を止める。
▽入手したらその日の内に砂抜きをし、できるだけ早く食べるとよい。冷蔵庫に数時間入れておくと、うまみ成分が増える。
▽冷凍しても味が落ちない。逆に冷凍した時の方が汁にした時に溶け出すうまみ成分が増える(冷凍保存期間は6カ月)。

レシピ
シジミの炊き込みごはん