• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
老化防止とガン予防に有効な一品。炭水化物が体力を強化する
古代赤米のモロヘイヤ雑炊
所要時間:15〜20分
古代赤米はお米のルーツであり、お赤飯の起源ともいわれているお米です。赤い色素はポリフェノール。抗酸化力が高く、カロテンが豊富なモロヘイヤとにんにくを一緒に取ると血管や粘膜を丈夫にし老化防止に有効、ガン予防にも優れています。夏バテ気味の時は半熟卵を乗せて栄養を補いましょう。
材料(2人分)
ごはん(古代赤米入り) 茶碗2杯分
だし汁 3カップ
モロヘイヤ 20g
にんにく 2片
塩・こしょう 各適量

作り方
モロヘイヤはよく洗い、細かく刻んでおく。
にんにくは薄いスライスにする。フライパンに多めの油に入れて弱火にし、にんにくスライスをカリッと揚げる。
鍋にごはんとだし汁を入れ中火で煮る。
ごはんがやわらかくなり、だし汁が少なくなりかけてきたら、モロヘイヤを入れ1分位煮て火を止め、塩で味を整える。
器に盛り、にんにくスライスを飾る。