• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
にがうりの苦みが動脈硬化の予防に有効、食欲が進む夏を代表する一品
にがうりのツナ入り豆腐チャンプルー
所要時間:15〜20分
にがうりの独特の苦みはククルビタシンやモモルデシチンなど。活性酸素の生成を抑制する抗酸化物質の一つで動脈硬化の予防効果があるといわれています。ツナと豆腐、卵を組み合わせるチャンプルーは、それぞれの栄養素が補い合う完全食。豆腐は大豆よりも消化吸収に優れており、夏の疲れた胃には嬉しい食材です。
材料(2人分)
にがうり 1/2本
豆腐(木綿) 1丁
ツナ缶(小) 1缶
2個
しょうゆ 大さじ1
大さじ1/2
削り節 ひとつかみ
サラダ油 適量

作り方
にがうりは両端を少し切り落として縦半分に切り、種とワタを取って5mmの厚さに切る。
※にがうりのにがみは特に外皮の濃い緑色のいぼいぼとワタの部分が強いので、にがみが苦手な場合は、ワタをていねいに取るとよい。
ツナ缶はほぐして、汁気をきっておく。
フライパンに油を熱し、一口大にちぎった豆腐を入れ、両面を焼いて取り出す。
に,鯑れてさっと炒め、しょうゆと酒を入れて炒める。
い縫張覆汎ι紊鯡瓩憩れて炒め、かつおぶしを加えて混ぜる。
イ僕呂い人颪魏鵑憩れ、大きく混ぜ、半熟状態で火を止める。
器に盛る。