• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
シジミのメチオニンやタウリンは肝臓病に有効、貧血予防にも効果を発揮
シジミの炊き込みごはん
所要時間:15分(ごはんを炊く時間は除く)
シジミに含まれる必須アミノ酸の一種であるメチオニンやタウリンが肝臓病に優れた効果を発揮します。鉄分も豊富なので、貧血気味の方にもおススメです。シジミの独特のうまみや香味を味わうために、調味料は控えめに。シジミは加熱すると身が固くなるので、炊き上がったごはんに混ぜていただきます。
材料(2人分)
1.5カップ
シジミ(殻付き) 250g
シジミの煮汁 2カップ
にんじん 20g
A 薄口醤油
  塩
  みりん
  酒
大さじ1杯
少々
大さじ1/2杯
大さじ1/2杯
黒ごま、クルミ(ともに粗く刻む) 各適量

作り方
シジミは塩水に漬けてよく砂出しをし、ていねいにこすり洗いをする。
シジミを沸騰した湯に入れて加熱し、殻が開いたら火を止め、シジミを取り出す。※冷凍シジミの場合は水から入れて加熱する。
シジミの身を殻からはずす。汁はこして冷ましておく。
にんじんは粗いみじん切りにする。
炊飯器に研いだ米を入れ、にんじん、A、シジミの煮汁2カップを入れ、普通に炊く。
炊き上がったらシジミの身を入れ、さっくり混ぜて蒸らす。
器に盛り、好みでごまやクルミを飾る。