• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
まいたけ 旬:9〜11月

昔からがんに対して薬効があるといわれるサルノコシカケ科の仲間で唯一食べられるきのこです。かさが舞を舞う天女の袖のように見えることからこの名がついたといわれています。特有の香りと歯ごたえを持ち、まつたけ、しめじ、しいたけと並ぶ食用きのこの代表で、1970年代半ばに人工栽培に成功するまでは「幻のきのこ」と呼ばれていました。

成分
カロリーが低く、ビタミンDが多い。ビタミンB1、B2、ナイアシン等のビタミン類や食物センイを含んでいる。多糖質のβ―グルカンを含有。

効能
低カロリーなので、脂肪分を分解するビタミンB2と一緒に肥満を防止しダイエットに向く。ビタミンDは骨の吸収を高める。β―グルカンは低下した免疫機能を回復させがん細胞の増殖を食い止める。まいたけは他のきのこよりもこの効力が倍以上あり、がん予防に優れている。食物センイが便秘を解消し大腸がんの予防にも効果がある。

効果的な調理ポイント
▽ホコリや汚れをよく落とし、水で洗わないで調理する。
▽β―グルカンは熱には強いが水溶性なので、煮汁も一緒に取るようにする。

レシピ
まいたけと菊花のごま和え
まいたけのそぼろどんぶり