• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
カルシウムとビタミンDの働きで、骨粗鬆症を予防する
まいたけと菊花のごま和え
所要時間:15〜20分
抗がん効果の高いサルノコシカケ科で唯一食用できるまいたけは、がん予防のみならず、カルシウム吸収を高めるビタミンDが豊富なので、カルシウムを含有する菊花やごまと一緒に取ると、骨粗鬆症予防に有効です。菊花とごまのビタミンEは過酸化脂質の酸化を防ぎ動脈硬化を予防し、老化防止にも効果があります。
材料(2人分)
まいたけ 100g
菊花 10g
炒り白ごま 大さじ2
A だし汁
  しょうゆ
  みりん
  砂糖
大さじ1
   大さじ1
   小さじ1
   少々

作り方
まいたけは石づきを取り、熱湯でさっとゆで、細く裂く。
菊花は花びらだけを酢少々(分量外)を入れた熱湯でさっとゆで、水気をきっておく。
すり鉢でごまをよくすり、Aを加えてよくすり混ぜる。
にまいたけと菊花を入れて和える。