• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
脳を元気にし、体の酸化を予防する
てこねずし
所要時間:10〜15分(ごはんを炊く時間とカツオをたれに漬けておく時間は除く)
三重県伊勢の郷土料理で、手で具とすし飯を混ぜることからこの名前がついています。カツオの脂質は健脳効果のある優れた脂質ですが、傷みやすいのが欠点。それを防ぐにはしょうがやしそなどの抗酸化力の高い食材を組み合わせます。しょうがのショウガオール、しそのぺリルアルデヒドには殺菌力があります。
材料(2〜3人分)
カツオ 200〜300g
2カップ
青じそ 5枚
しょうが 1/2片
白ごま、のり(好みで) 各適量
A しょうゆ
  みりん
大さじ2
   大さじ2
B 酢
  塩
  砂糖
大さじ2
   小さじ1/2
   大さじ1/2

作り方
米は普通よりも少しかために炊く。
カツオを5mm位の厚さに切り、Aの漬け汁に漬けておく(15〜20分位)。
Bをよく混ぜ合わせ、炊けたごはんに回しかけ、さっくりと混ぜて冷ましておく。
青じそは細切り、しょうがはみじん切りにする。
のすし飯に△猟劼噂舛鮠し振り入れ、カツオと青じそ、しょうがを加え、カツオの身が崩れないように手で軽く混ぜる。
好みでごまやのりをかける。