• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
ホタテ貝(帆立貝) 旬:11〜3月

舟の帆に似た貝殻が、殻を立てて海面を移動するという俗信からこの名がついたといわれています。キリスト教では聖大ヤコブの象徴として扱われています。青森から北海道にかけての波の静かな寒海に住み、特有の香りとあま味を持っています。干したものは「干貝(カンペイ)」と呼ばれ、あわび、いりこ、ふかひれとともに中華料理の「四大珍味」です。

成分
たんぱく質が豊富で脂肪は少ない。遊離アミノ酸のタウリンが多い。ビタミンEやビタミンB2、B12を含有。鉄分や亜鉛などのミネラル類を多く含む。うまみ成分はグルタミン酸やイノシン酸。

効能
高たんぱくで低脂肪、さらに脂肪を代謝するビタミンB2の働きでダイエットに向く。タウリンはコレステロールを低下させ血圧を正常にする働きがあるので、高血圧や動脈硬化の予防に効く。また眼精疲労を取り除く。ビタミンEも過酸化脂質の生成を防ぐので、動脈硬化予防を強化する。鉄分が増血に働き、ビタミンB12が悪性貧血を予防する。亜鉛が味覚や臭覚の機能を正常に保つ。グルタミン酸が脳の働きを高める。

効果的な調理ポイント
▽加熱しすぎるとかたくなるので注意する。
▽殻から身を外す時は、平らな方を上にして隙間からナイフを差し込み、上の殻についている貝柱を殻に沿って切るとよい。
▽腸内に毒を持つことがあるので、殻付きの物は貝柱とヒモ以外は食べないようにする。
▽ヒモからはよい汁が取れるので、ソースのベースなどに利用するとよい。

レシピ
ホタテとブロッコリーの春雨炒め
ホタテと豆のカレー