• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

4月の旬の食材

 「春眠暁を覚えず(春の夜は眠り心地がよく、夜の明けたのも気付かずに眠ってしまう)」と詠んだのは中国の詩人孟浩然(もうこうねん)。気温が上がり暖かくなってくる春は、眠りに誘われ、ついつい寝すぎてしまうことが多くなる季節です。
 昨年(2005年・東京)の4月の平均気温は約15℃、3月の9℃から一気に6℃も上がり、日照時間も3月に比べると約41時間も長かったとデータに残っています。3月に比べて一気に上がる気温や日照時間の変化が、知らず知らずに体に変化を引き起こし、ひたすら眠りを覚えるのもそのような気温上昇や日照時間と無関係ではありません。
 一方、4月は新しい環境や人との出会いの月。希望に胸が膨らむ一方、新たな環境への対応などで気付かぬうちにストレスを感じ、結果、体調不良を起こすことがままあります。
 実際、体内のバランスを調整する自律神経の「交感神経」と「副交感神経」が入れ替わる時期に当たるため、春は不安定になりやすいのです。
 香りのある野菜を豊富に取って心身をリラックスさせ、同時に細胞の酸化を防ぐ食生活を心がけ、冬の体から春の体に切り替わる時期を、上手に乗り切りましょう。
 4月に紹介する食材は6品目。薬用成分を豊富に含むあしたばが旬の盛りを迎えます。特有の香りを持つうどやふき、春の陽を浴び、カロテンやビタミンCが豊富なにらやパセリがおいしい季節です。

野菜(あしたば、うど、にら、パセリ、ふき)
きのこ(マッシュルーム)

             
  写真 名称 解説 レシピ
野菜 あしたば(明日葉) 3〜10月 セリ科の多年草で、伊豆七島で多く栽培されています。緑黄色野菜の優れた栄養素を持ち、バランスのよい健康野菜として人気があります。若芽を摘んだ翌日にはもう芽が出てくることから「明日葉」と呼ばれるように、実に生命力の旺盛な野菜です。茎や葉を切ると出てくる黄色い液は、明日葉特有のもの。別名ハチジョウソウとも呼ばれています。
⇒詳細
あしたばと里芋の味噌汁
あしたばと春キャベツのパスタ
あしたばとアサリの包みオムレツ
あしたばとバナナのジュース
うど(独活) 3〜4月(春うど)10〜1月(寒うど) ウコギ科の多年草。野生の山うどと、栽培物の軟化うどがあり、軟化うどは江戸時代に栽培が始まったといわれています。涼しい場所に自生し、ひと夏でグングン成長して2〜3mほどの高さになりますが、木ではなく草のため冬には枯れてしまうことから、「なりは大きいが柱には使えない」→「役にたたない」ことを人間に例え、「うどの大木」という言葉が生まれました。
⇒詳細
うどと鶏ささ身の梅肉和え
うどのサラダ
うどとエビのうす味含め煮
うどの皮のきんぴら
にら(韮) 3〜9月 ユリ科の多年草で、一般には東アジアが原産といわれていますが、日本原産という説もあります。古くから栽培されていた野菜で、『古事記』では「加美良(かみら)」、『万葉集』では「久々美良(くくみら)」と呼ばれていました。ひとつの株から何度でも収穫できることから、にんにくに次ぐスタミナ野菜とされ、別名「起陽草」とも呼ばれています。
⇒詳細
にらの梅肉入り豚肉巻き
にらの納豆和えどんぶり
にらのタラコ和え
にらとたけのこの卵とじ
パセリ 3〜5月 セリ科の一・二年草で、原産は地中海沿岸。紀元前から薬用や香辛料として栽培されてきた古い歴史を持ち、古代ギリシャでは各家庭の庭先に植えられ、食後に噛んで歯を磨いたり、口臭消しなど日常的に使っていたといわれています。日本には18世紀にオランダから伝来したため、別名「オランダゼリ」とも呼ばれています。葉の縮れていないものはイタリアンパセリと呼ばれています。
⇒詳細
パセリサラダ
パセリヨーグルトジュース
ふき(蕗)
3〜5月
キク科の多年草で、全国の山野に自生している数少ない日本原産の野菜。栽培は8世紀ごろに始まったといわれ、冬に黄色い花が咲くことから「冬黄=ふゆき」から「ふき」と呼ばれるようになったといわれています。「春の料理には苦みを添えよ」といわれ、早春に芽を出すふきは、冬の間に蓄積された体内の老廃物を排泄するとして珍重されています。春先に土から顔を出す花蕾がふきのとうです。
⇒詳細
ふきとアナゴの信田煮
ふきのおかか煮
ふきのサラダライス
ふきと菜の花のおひたし
きのこ マッシュルーム
3〜6月11〜12月
はらたけを栽培品種して改良したきのこで、「西洋まつたけ」とも呼ばれています。フランスでは古くから栽培されており、欧米ではポピュラーなきのこです。栽培きのこの中では世界中でもっとも生産量が多く、日本に渡来したのは1920年頃といわれています。白色種、黄色種、褐色種があり、カサが丸くて厚みのあるものが良質で、味は褐色種のものが一番美味です。
⇒詳細
マッシュルームと牛ひき肉の味噌サンド
マッシュルームの重ねずし

撮影:上総均 撮影助手:泉田幾子