• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
ゆずと白菜で熱のある初期の風邪をやっつける
ゆずと白菜のお粥
所要時間:25〜30分(米を漬ける時間は除く)
ゆずはビタミンCが豊富で体を温める作用を持っています。同様にビタミンCが豊富な白菜には、体内の余分な熱を取り去る作用があるので、ゆずと白菜を一緒に食べ合わせるお粥は、熱のある初期の風邪に有効です。血行をよくするもち米をプラスして体力を増強し、白菜の特殊成分ジチオールチオニンが細胞の酸化を予防します。
材料(2人分)
白米 1/4カップ
もち米 1/4カップ
3と1/2カップ
ゆずの皮 7〜8g
白菜 100g
適量
薬味(しょうがの細切り、カツオ節のしょうゆまぶし) 適量

作り方
白米ともち米を洗い、鍋に分量の水と一緒に入れ、3〜4時間置く(できれば一晩)。
ゆずの皮は細く切る。
白菜は1cm幅に切る。
,貿鮑擇鯑れ、中火にかける。煮立ったら弱火にして、フタを少しずらして乗せ、20〜25分コトコト炊く。
塩で味を調え、ゆずの皮を飾る。