• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
温性のかぼちゃと鮭で、粘膜を強化する
かぼちゃと鮭のお粥
所要時間:25〜30分(米を漬ける時間は除く)
カロテンが豊富なかぼちゃは、体を温めて血流をよくする温性の野菜です。同様に鮭はビタミンAが豊富な温性の魚。かぼちゃと鮭を炊き込んだお粥は、粘膜を強化して消化吸収能力を高め、風邪の予防に働きます。かぼちゃのカロテンは鮭の脂質で吸収率が高められ、眼に栄養を与え皮膚を健康に保ちます。
材料(2人分)
白米 1/3カップ
3と1/2カップ
かぼちゃ 100g
1切れ
薬味(しょうがの細切り、青じその細切り) 適量

作り方
白米を洗い、鍋に分量の水と一緒に入れ、3〜4時間置く(できれば一晩)。
かぼちゃは1cm角に切る。
鮭は皮を取り、薄いそぎ切りにする。
,鮹羃个砲け、煮立ったら弱火にして、フタを少しずらして乗せ、10〜15分コトコト炊く。
い砲ぼちゃと鮭を加え、さらに10分コトコト煮る。