• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
梅干と青じそで、疲れた胃腸を元気にする
梅干と青じそのお粥
所要時間:25〜30分(米を漬ける時間は除く)
梅干の有機酸は、胃の中で胃酸の代役を果たすため、食欲を増進させ胃腸の働きをよくする働きを持っています。疲労回復力も高いので、疲れた胃をいたわり食欲不振を防いでくれます。青じそにも、梅干同様の働きがあり、梅干と青じその食べ合わせは胃腸の働きの増進に有効です。青じそ特有の抗菌作用は細かく切るほど高まります。
材料(2人分)
白米 1/2カップ
3と1/2カップ
梅干(大) 2個
しそ 3枚
薬味(野沢菜) 適量

作り方
白米を洗い、鍋に分量の水と一緒に入れ、3〜4時間置く(できれば一晩)。
梅干はタネを取り、包丁でたたく。
青じそは細切りにする。
,鮹羃个砲け、煮立ったら弱火にして、フタを少しずらして乗せ、20〜25分コトコト炊き白粥を作る。
,魃で味を調え、梅干と青じそを飾る。