• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

保存できる「きのこのしょうゆ漬け」

 

きのこは水分含有が高く、さらに各種酵素を多く含んでいるため、変質しやすい性質を持っています。収穫してからできるだけ早く食べるのがベストですが、使いきれない時はしょうゆ漬けやオイル漬けにして保存しましょう。
ここでは簡単なしょうゆ漬けの作り方を紹介しましょう。大根おろしや野菜、大豆製品と和えたり、麺やスパゲッティの具にしたりと、幅広く応用でき重宝します。保存の目安は冷蔵庫で2週間。
残ったしょうゆだしには、β―グルカンが溶け出ているので、煮物や炒め物などに無駄なく利用しましょう。

材料
えのきだけ 200g
しめじ 180g
しいたけ 2個(40g)
A みりん、酒
  しょうゆ
  昆布だし汁
各1/4カップ
1/2カップ
1/2カップ

作り方

えのきだけは根元を切り落とし、ほぐす。しめじは石づきを切り落とし、ほぐす。しいたけは石づきを切り落とし、軸を切り、細切りにする。

きのこはさっと水洗いをし、よく水気をきる。

鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせ、きのこを入れ4〜5分弱火で煮る。

 

 


冷めたら保存瓶に入れる。


きのこのしょうゆ漬け応用レシピ

左)焼いた油揚げときゅうりのきのこしょうゆ漬け和え   右)大根おろしときのこのしょうゆ漬け