• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
鶏肉とほうれん草で冷え性改善
鶏モモ肉とほうれん草のトマト煮
所要時間:20分
良質なたんぱく質を持ち、消化のよい鶏肉は、昔から滋養食として食べられていた食材です。脂質は不飽和脂肪酸が多く、生活習慣病を心配することなく食べることができます。ビタミンAが豊富でお腹を温める作用を持っており、鉄・葉酸・マンガンなどの増血作用を持つほうれん草と食べ合わせると、冷え性改善に有効に働きます。にんにくやトマトで抗酸化力を高めます。
材料(2人分)
鶏肉(モモ肉 皮なし) 180g
ほうれん草 3株
玉ねぎ 100g
にんにく 1片
スープ 1/2カップ
トマト(ホール缶) 200g
オリーブ油 大さじ1
塩、こしょう 各少々

作り方
鶏肉はよく洗い、大き目の一口大に切る。
ほうれん草はよく洗い、根を切り、ざく切りにする。
玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎとにんにくを弱火で炒める。
玉ねぎがしんなりしてきたら塩・こしょうを振り、鶏肉を加え中火で炒める。
イ縫后璽廚肇肇泪抜未鯑れ、中火で煮る。
汁が半量になったらほうれん草を加えてひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を調える。