• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
3月16日 十六団子
うるち米が消化器系全般を丈夫にする
十六団子
所要時間:30分
山から降りてくる神様にお供えする十六団子。うるち米を乾燥させてから粉にした上新粉で作ります。うるち米はもち米に比べてアミロースが多い分、ネバリが少なく歯ごたえのある食感になります。胃腸を始めとする消化器系全般を丈夫にする働きに優れ、体に力をつけてくれます。
材料(16個分)
上新粉 200g
熱湯 150〜180CC
砂糖 好みで少量

作り方
ボウルに上新粉(好みで砂糖を加えてもよい)を入れて熱湯を注ぎ入れ、箸でかき混ぜる。
触れるくらいの温度になったら、手でよくこねる。
ネバリが出てきたら16等分にして丸める。
蒸し器に濡れ布巾を敷き、団子を等間隔に空けて並べ、フタをして強火で約10分蒸す。
器に盛る。