• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
7月14日 盆釜(ぼんがま)
体力が強化され、体の生理機能が整えられる
五目飯
所要時間:60分(米を水に浸ける時間は除く)

五目飯は野菜や鶏肉など、数種の具をしょうゆ味で炊き込んだごはんで、「かやく飯」「骨董飯(こっとうはん)」とも呼ばれています。たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく取れ、体力強化と同時に体の生理機能を整えます。具は好みのものを入れてください。米は胚芽部分を残した胚芽米を使うと、ビタミンB1やビタミンEの含有量が倍増し、疲労回復や老化防止効果が高まります。
材料(2〜3人分)
胚芽米 2カップ
鶏肉 60g
ごぼう 30g
にんじん 5cm長さのもの40g
しいたけ(中) 2枚
しめじ 30g
油揚げ 1枚
糸コンニャク 40g
A しょうゆ
  酒
  砂糖
  塩
1/4カップ
1/4カップ
大さじ1/4
 大さじ1/4

作り方
材料を切る。鶏肉は1cm角に切る。ごぼうは皮をこそげ、ささがきにして水に放す。にんじんは5cm長さの細切りにする。しいたけは石づきを取り、細切りにする。しめじは石づきを取りほぐす。油揚げは熱湯に通し、縦半分に切り細切りにする。糸コンニャクは熱湯に通し、食べやすい長さに切る。
米を研ぎ、Aを入れ、水を加えて分量の水加減にする。
△豊,龍颪鯑れ、炊く。
炊き上がり