• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
11月11日 鮭の日
鮭のEPAが血栓予防に働く
生鮭の南蛮漬け
所要時間:20分(味を馴染ませる時間は除く)
鮭は血小板の凝集を抑える働きのあるEPAを豊富に含んでいるため、血栓予防効果が期待できる赤身魚です。ビタミンAを豊富に含んでいるため病気への抵抗力が高まり、ビタミンEが豊富な植物油で揚げることで、細胞の酸化が抑えられ若さ維持に働きます。にんじん・ねぎ・三つ葉を加えて、ビタミンやミネラル、食物繊維を補います。
材料(2人分)
150g
にんじん 15g
ねぎ 中1/2本
三つ葉 10g
小麦粉、揚げ油(植物油) 各適量
A だし汁
  酢
  砂糖
  しょうゆ
  塩
50CC
大さじ1と1/2
  小さじ1/2
  小さじ1/2
  小さじ1/4

作り方
生鮭は一口大のそぎ切りにし、小麦粉をまぶして油でカラッと揚げる。
にんじんは3cm長さの細切りにする。
ねぎは3cm長さの細切りにする。
三つ葉はさっと湯がき、冷水に放して水気を絞り、3cm長さに切る。
鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせる。
容器に鮭、にんじん、ねぎを入れ、熱したい鮹蹐入れ、30〜40分味を馴染ませる。
食べる直前に三つ葉を加えて混ぜ、器に盛る。