• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
活性酸素の毒性が解毒され、片頭痛緩和が期待できる
シメサバ・ほうれん草・チーズの雑穀海苔巻き
所要時間:20分
サバの不飽和脂肪酸、ほうれん草のマグネシウム、チーズのセロトニンを合成するトリプトファンは、活性酸素の毒性を解毒して片頭痛の緩和が期待できる食べ合わせです。雑穀でマグネシウムを、海苔でビタミンB2を、にんじんでカロテンを補い、片頭痛発生を抑えます。
材料(海苔巻き2本分)
シメサバ 60g
ほうれん草 100g
にんじん 5cm長さのもの35g
プロセスチーズ 35g
酢飯(雑穀入り) 350〜400g
海苔(全型) 2枚

付け合せ(甘酢しょうが)

 

作り方
シメサバは8切れに切る。
ほうれん草は塩を入れた熱湯でさっとゆで、水の中で振り洗いをし、水気を絞る。
にんじんは5mm角の棒状に切り、かためにゆでる。
チーズは棒状に切る。
巻きすに海苔をのせ、酢飯を手前1cm、向こう1〜2cmくらいあけ、薄く全体に広げる。巻き止りにご飯粒を、間隔をあけて置く。
酢飯の上にチーズ、シメサバ、ほうれん草、にんじんをのせ、手前から巻く。
食べやすい大きさに切り、器に盛り、細切りのしょうがを添える。