• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
なす(茄子) 旬:7〜8月

原産地はインドといわれ、日本には中国大陸を経て8世紀に渡来しました。色は紫が一般的ですが、緑、黄白、緑の斑入りと多様です。古くから炎症を鎮める民間薬として重宝され、夏野菜の中でも体を冷やす効果の高い野菜です。

成分
水分が約94%を占める。皮の紫黒色はアントシアン系色素のナスニン。カリウムや食物センイ、ビタミンCを含んでいるが、ビタミン類やミネラル類の含有量は低い。

効能
ナスニンは抗酸化力に優れ、ガン予防や老化防止に効果がある。低カロリーなのでダイエットに向くが、果肉はスポンジ状なので油を吸収しやすい。カリウムは体内の余分な塩分を排出し高血圧予防に有効。アントシアンは眼精疲労に有効。水分が多く体を冷す働きがあるのでのぼせやほてりに効果がある。

効果的な調理ポイント
▽油と相性がよい。
▽ナスニンは水溶性なので、油で軽く炒めてから調理する。ナスニンや栄養分の流失を防ぐことができる。
▽酵素の働きで切り口が変色するので、切ったら水にさらす。

歯痛を治す「なすのヘタの黒焼き」
ビタミンCやPを含むなすは、口内炎や歯痛、歯槽膿漏の予防に効果があります。
<作り方>
アルミホイルになすのヘタを並べ、オーブンで炭になるまで黒焼きにする。冷えたらすり鉢でよくすり潰し、同量の自然塩を加えてよく混ぜ合わせる。歯痛の部分にこすりつける。歯茎につけてこすると、歯槽膿漏の予防になる。

レシピ
鶏肉と夏野菜のマリネ
なすとオクラのサバカレー
なすと切干し大根の煮付け