• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
なすのナスニン、ピーマンのカロテン、トマトのリコピンで、ガン予防の最強レシピ
鶏肉と夏野菜のマリネ
所要時間:30分(液に漬ける時間は除く)
なすの皮に含まれるナスニン、ピーマンのカロテン、トマトのリコピンと夏の野菜は抗酸化力に優れています。良質なたんぱく質を含む鶏肉はビタミンAも豊富で、夏野菜と組み合せる一品は、夏の陽射しから体を守りガン予防にも有効です。
材料(2人分)
鶏肉 400g
なす 2個
ピーマン 2個
トマト 1個
A しょうゆ
  酢
  砂糖
  唐辛子(小)
100CC
100CC
大さじ2弱
1本
小麦粉、揚げ油 各適量

作り方
鶏肉は一口大に切り、しょうゆ大さじ1を回しかけ、手でよくもみ、10〜20分置く。
なすは2cmの輪切り、ピーマンは大き目の乱切り、トマトは1cmのサイコロに切る。
Aをさっと煮立てておく。
プライパンに油を熱し、なすとピーマンは素揚げ、鶏肉は小麦粉をまぶして揚げる。
い熱い内にの液に漬ける。
十分に味がなじんだら器に盛り、トマトを飾る。

ちょっとした応用
残った漬け汁に薄い小口切りしたきゅうりを漬けておく。軽く絞って焼き魚や肉料理の付け合わせに使うとよい。