• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
かぼちゃ(南瓜) 旬:7〜9月(西洋かぼちゃ) 5〜7月(日本かぼちゃ)

かぼちゃは大きく3種類に分けられます。ひとつは戦国時代末期に九州に渡来した「日本かぼちゃ」、その後に広まった「西洋かぼちゃ」と細長いものが多い「ぺポかぼちゃ」。現在の主流は南米が原産の西洋かぼちゃ。日本かぼちゃよりも水分が少ないためホクホクしています。貯蔵性が高いので野菜の少ない冬場に食す「冬至のかぼちゃ」は有名です。

成分
西洋かぼちゃは糖質20.6%、たんぱく質1.9%。日本かぼちゃは糖質10.9%、たんぱく質1.6%と西洋かぼちゃの方が甘みが高い。カロテン、ビタミンC、B1、B2、Eのビタミン類と、カルシウム、リン、カリウムなどのミネラルを含んでいる。食物センイも多い。

効能
カロテンが粘膜を丈夫にし、ビタミンCと一緒に風邪を予防し、美肌を作る。カロテンには抗酸化作用もあり、活性酸素を除去するのでガン予防の効果が高い。とくにかぼちゃはさつまいもやにんじんとともに肺ガン予防効果が高い。ビタミンEは細胞の老化を防ぎ、血管の弾力性を高める。食物センイが大腸ガンを予防する。

効果的な調理ポイント
▽ワタの部分にはカロテンが多く含まれているので、できるだけワタを残すとよい。ほどよい甘さがあるので、砂糖は控えめに。
▽カロテンは熱に強く、油と一緒に調理すると吸収率が高まる。
▽種にはリノール酸やオレイン酸が多く含まれているのでよく炒り、殻を割って食べるとよい。動脈硬化の予防にもなる。

低血圧や貧血に効果のある「かぼちゃの種」
かぼちゃは種にも栄養があります。かぼちゃの種は、高たんぱく、高エネルギー、そしてミネラルも豊富なので、低血圧症や貧血の方にオススメしたい食材です。
<作り方>
かぼちゃの種は水できれいに洗って天日干しにする。よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒る。好みで塩などを振るとおいしい。

レシピ
かぼちゃと牛肉の南蛮漬け風サラダ
かぼちゃのいとこ煮
かぼちゃと豆乳のジュース