• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
だいこん(大根) 旬:10〜3月

奈良時代に中国から渡来。『日本書紀』では「於朋花(おほね)」と記されています。春の七草では「すずしろ」と呼ばれ、古くから食べられていた野菜です。原産地はヨーロッパ地中海沿岸から中央アジアといわれ、品種は紅色、紫、茶、褐色、黒、灰色と多様です。栽培が盛んになった江戸時代には加工も進み、飢饉対策食料として奨励された野菜です。

成分
水分が約95%を占め、糖質は約4%。たんぱく質や脂質、ビタミン類も含んでいる。根には食物センイも多い。葉の部分は緑黄色野菜でカロテンやビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富。辛み成分はイソチオシアネートというからし油の成分。でんぷん消化酵素のアミラーゼを含み、皮の部分にはビタミンPが含有されている。

効能
根の部分のでんぷん消化酵素は胸焼けや胃酸過多、二日酔いなどに有効。葉の部分に多いカロテンとビタミンCは吹き出物や美肌に効果がある。ビタミンPは毛細血管を丈夫にし脳卒中予防に効果が高い。食物センイは腸を掃除し大腸がんを防止する。イソチオシアネートは胃液の分泌を促進し、腸の働きを整える。

効果的な調理ポイント
▽ビタミンCは皮の方に多く含まれている。またビタミンPも皮の部分に含まれているので、皮ごと使える有機栽培の物を使うとよい。
▽部位によって味が違う。葉に近い部分はおろしやサラダに、真中は煮物、根に近い部分は汁の実や漬物に向く。先端にいくほど辛みが増すので、薬味に使うとよい。
▽消化酵素は熱に弱いので、生食で食べる方が有効。
▽大根おろしは時間がたつとビタミンCの含有量が減るので、食べる直前におろすとよい。
▽葉が根の水分を吸収してしまうので、購入したら葉と根を切り離すとよい。

レシピ
大根そば
大根のにら炒め
カツオのおろし薬味和え