• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
カリウムと食物センイが動物性たんぱく質の摂取に有効に働く
肉じゃが
所要時間:20〜25分
「おふくろの味」に代表されるお惣菜。その理由は単においしいだけでなく、非常に理にかなった点にあります。肉と根菜類を組み合わせる肉じゃがは、肉に含まれる脂肪やコレステロールを、根菜類の豊富な食物センイが絡め取り体外に排出してくれる理想の食べ方です。玉ねぎは加熱するとうまみが増します。
材料(2人分)
じゃがいも(メークイン・大) 2個
玉ねぎ(小) 1個
にんじん 1/2本
豚小間切れ肉 100g
A 水
  しょうゆ
  砂糖
  みりん
2カップ
   大さじ2弱
   大さじ1
   大さじ1

作り方
じゃがいもは皮をむき乱切りにし、水に放す。
にんじんは皮をこそげ、食べやすい大きさの乱切りにする。
玉ねぎは半分に切り、切り口を下にして2cm位の半月切りにする。
鍋にAを入れて煮立て、肉と玉ねぎを入れてひと煮立ちさせる。
い砲犬磴いもとにんじんを加え、落としぶたをして弱火で煮る。じゃがいもがやわらかくなったらできあがり。

基本のクッキング用語
「水に放す」
野菜が含んでいるアクは水に溶けやすいので、水の中に入れてアクを取り去るために行う「野菜のアク抜き」の方法。「さらす」ともいいます。ただし、長時間水に漬けていると風味や栄養分が流れ出てしまうので注意しましょう。