• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
大根のビタミンPとそばのルチンが、毛細血管を強化する
大根そば
所要時間:20〜25分
大根の皮の部分に含まれるビタミンPと、そばに含まれるビタミンPの一種であるルチンの働きで毛細血管が強化され、脳卒中予防が期待できる一品です。そばの植物性たんぱく質とツナの動物性たんぱく質はともにアミノ酸バランスがよく、栄養価に優れています。しょうがの香り成分には健胃効果があります。
材料(2人分)
大根 350g
そば(乾) 2人分
ツナ缶(小) 1缶
あさつき(小口切り) 大さじ2
A しょうゆ
  砂糖
  酒
  しょうが汁
大さじ3
   少々
   少々
   小さじ2
七味とうがらし(好みで) 適量

作り方
大根はよく洗い(皮をむく時はできるだけ薄く)、食べやすい長さの細切りにする。
そばはたっぷりの湯で湯がいておく。
熱湯4カップで大根を煮る。
大根がやわらかくなったら、ツナ缶、Aを入れて煮立てる。
器に熱湯に通したそばを入れ、上からい鬚ける。
あさつきを飾り、好みで七味とうがらしを添える。