• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
小松菜 旬:12〜3月

江戸時代、中国から渡来したかぶを改良してつくられた野菜で、東京都小松川近辺で栽培されたことから、8代将軍吉宗が命名したといわれています。現在はハウス栽培も盛んで周年出回っていますが、葉が大きく色の濃い葉肉の厚い冬場のものが美味です。寒さに強いため、かつては冬場の貴重な緑黄色野菜で、冬菜、雪菜の名称でも呼ばれています。

成分
カロテン、ビタミンCなどのビタミン類と、ミネラル類が豊富。ミネラルではとくにカルシウムや鉄分が多く、カリウム、リン、亜鉛、銅などのミネラル類も、他の野菜より豊富に含まれている。

効能
カルシウムとビタミンCが豊富なので骨粗鬆症に有効。カロテンががんを予防し、鉄分を始めとするミネラルがカルシウムと協力して貧血を予防する。ビタミンCは粘膜を強くするので風邪の予防や美肌効果にも優れている。また、精神を安定させる効力も高い。

効果的な調理ポイント
▽小松菜はアクが少ないので下ゆでや水にさらす必要はない。
▽ビタミンCは熱に弱いので加熱は短時間にする。
▽カロテンは油と一緒に取ると吸収率が高まるので、炒め物や煮びたしがおススメ。
▽カルシウムはたんぱく質やビタミンDと一緒に取ると吸収率が高まる。
▽調理する前に根元を水に漬けると、葉がシャキッとする。

レシピ
小松菜の煮びたし
小松菜の松の実入り白和え