• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー
カルシウムがたっぷり取れ、骨や歯が強化される
小松菜の煮びたし
所要時間:15〜20分(干ししいたけを戻す時間は除く)
小松菜に豊富に含まれているカルシウムは、たんぱく質やビタミンDと一緒に取ると、吸収率が高まります。油揚げの植物性たんぱく質としいたけのビタミンDを一緒に煮つけることで、カルシウムがたっぷり取れ、骨や歯を丈夫にします。油で炒めることで小松菜のカロテン吸収率が高まり、皮膚や粘膜を丈夫にし、夜盲症予防に有効に働きます。
材料(2人分)
小松菜 1/2束
油揚げ 1枚
干ししいたけ 3枚
サラダ油 大さじ1
A 干ししいたけの戻し汁
  しょうゆ
  酒
  砂糖
1/2カップ
  大さじ1と1/2
  大さじ1/2
  大さじ1/2

作り方
小松菜は根を切り落としてよく洗い、食べやすい長さに切る。
油揚げは熱湯を回しかけ、油抜きをし、細切りにする。
干ししいたけはたっぷりの水で戻し、石づきを取り、細切りにする。
鍋に油を熱し、油揚げ、しいたけ、小松菜の茎の順に炒め、Aを加えて煮る。
い煮立ったら、小松菜の葉の部分を入れ、2〜3分煮る。

基本のクッキング用語
「煮びたし」
薄味の煮汁でさっと煮る料理法のことをいいます。器に盛ったら残った煮汁をかけます。